2012年11月28日

ロッテ・藤岡、新人完投一番乗り 適応力の

15日、ロッテ5―1ソフトバンク) ロッテの藤岡は、プロ3戦目で初めて到達した9回のマウンドで、ピンチを背負った. 明石と内川の連打で無死一、二塁とされたが、首脳陣は完投指令. 「疲れもあったが、気持ちで投げた」 ここからの投球が並の新人ではない. スイッチを入れ直したかのように、球威を取り戻した. 勝負球はすべて直球. 松中を右飛に打ち取り、江川と松田にはボール気味の球を振らせて、連続三振. 10奪三振で幕を下ろした. 序盤はブルペンと球場のマウンドの傾斜が違って戸惑ったそうだが、修正してみせて適応力の高さも示した. 西本投手コーチも「上半身の力みがなく、はたから見ると軽く投げているよう」と、前の2試合からの着実な成長を認める. 本人は「完投は自信になる. 新人一番乗りも良かった」と謙虚だが、同じ22歳の唐川との連続完投は価値がある. elnulatab ifraneeketp 首位チームに苦手意識を植え付けるインパクトを与えた. (能田英二).
posted by TamuraKarin at 10:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。